女性の加齢臭


加齢臭とは
加齢臭の原因はノネナール
加齢臭の予防には
動物性脂肪を控える
加齢臭の予防には
活性酸素を減らす
加齢臭の予防には
ストレスを溜めない
活性酸素を抑えるビタミン
活性酸素を抑える
食材、食べ物
加齢臭 石鹸
女性の加齢臭
女性の加齢臭対策
女性の加齢臭と頭髪

















女性の加齢臭

加齢臭と聞くと、「男性だけが放つニオイ」だと思っていませんか?
加齢臭=体臭成分は、青臭さと脂臭さを併せ持っています。
そして男女共(性別関係なく)、40歳以降に特に増加傾向が認められています。
つまり…女性にも加齢臭は存在するのです。
ここでは、女性の加齢臭について考えてみたいと思います。
加齢臭は、年齢と共に増えるノネナールが原因だと考えられています
(=ノネナールが増えると、加齢臭の元といわれる脂肪酸が増加)。

また年齢と共に皮脂中に含まれる過酸化脂質が増えることが原因で、
加齢臭が発生しやすいといわれています。
この状態は男性の身体だけ起こるのではなく、
女性の身体にも起きています…(ある症状を境にして)
女性の場合、女性ホルモンが分泌されている期間は
加齢臭を防ぐことができているのです。

例えば40歳代の女性は女性ホルモンの分泌はあります。
つまり女性の身体調整は、女性ホルモンに守られているといえます。
(女性ホルモンが分泌されている限り、
男性に比べて酸化に対する抑止力が強い。)

しかし、50歳代・60歳代になると急激に女性ホルモンの分泌が低下して
次第にオヤジ臭=加齢臭が強くなってきます。
つまり更年期を過ぎた/閉経後の女性の身体は、
男性の身体とまったく同じ条件になるわけです。
だから、高年齢の女性には加齢臭もあるのです。
ただし年齢を取っても、いつも若々しい女性=女性ホルモンを分泌し
続ける女性は、その限りではありません。


加齢臭は脂質が酸化することによって、ノネナールが発生して臭いが出てきます。
では実際に、具体的に脂質が酸化するとはどのような
現象を意味しているのでしょうか。
説明しますと。
加齢臭の原因はノネナール、
ノネナールは酸化によって発生して酸化は活性酸素によって起こる。
つまり加齢臭の根本的原因は、活性酸素なのです。
活性酸素は、私たちの身体に様々な悪影響を及ぼします
(生活習慣病・老化現象・ガン等々)。

そして、活性酸素は防ぐことはできません。
何故なら、正常に呼吸するだけでも発生し続けるからです。
ただし若い頃は、ホルモンの動きが活発なため、
目立った悪影響を受けることはありません。
しかし年齢を重ねるごとに、私たちの身体の免疫機能は衰え始め…
次第に、活性酸素の悪影響を受けることになります。
(もちろん悪影響の1つに、加齢臭も含まれます。)

では、活性酸素を抑性することはできないのでしょうか。
できます!活性酸素を抑制することはできます。
しかも自分自身の生活習慣を改善するだけで、
活性酸素を消去することができるのです。
まず、ストレスを留めこまない…そして、抗酸化作用のある食品を
意識して摂取することが必要です。
(大根・ブロッコリー・キャベツ・小松菜・白菜など、様々な食品に
抗酸化作用が含まれています。)

また激し過ぎる運動・不規則な生活を改善することで、
活性酸素を抑制することができます。
そして特に…喫煙は直接活性酸素を作り出してしまいます。
加齢臭を気にする女性のみなさん、
加齢臭を防ぎたいのであれば、まず禁煙から始めるべきです。







































加齢臭が気になったら